2007年12月22日 (土)

今日、購入の書籍

コミック文庫

 弘兼憲史著『パパと生きる』(小学館)

文庫

 綾辻行人著『水車館の殺人』(講談社)

 綾辻行人著『迷路館の殺人』(講談社)

 綾辻行人著『時計館の殺人』(講談社)

 姉小路祐著『逆転法廷 有罪率99%の壁』(講談社)

 西澤保彦著『解体諸因』(講談社)

 西澤保彦著『殺意の集う夜』(講談社)

 高橋克彦著『緋い記憶』(文芸春秋)

 横山秀夫著『第三の時効』(集英社)

 日本推理作家協会編『殺人哀モード』(講談社)

以上、ブックオフ大分羽屋店

コミック

 桑田次郎著『短編集(1)サングラスをはずさないで』(マンガショップ)

 桑田次郎著『SF短編傑作集 悪夢の使者』(マンガショップ)

 桑田次郎著『完全脱獄』(マンガショップ)

以上、ジュンク堂書店大分店

新書

 畑村洋太郎『畑村式「わかる」技術』(講談社[講談社現代新書])

文庫

 綾辻行人著『人形館の殺人』(講談社)

 姉小路祐著『殺意の法廷』(光文社)

 姉小路祐著『適法犯罪 非法弁護士』(光文社)

 北森鴻著『触身仏 連丈那智のフィールドファイルⅡ』(新潮社)

 高橋克彦著『蒼い記憶』(文芸春秋)

 高田崇史著『麿の酩酊事件簿 花に舞』(講談社)

 黒木亮著『トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行』(祥伝社)

 天樹征丸著『金田一少年の事件簿1 オペラ座館・新たなる殺人』(講談社)

 天樹征丸著『金田一少年の事件簿2 幽霊客船殺人事件』(講談社)

以上、ブックオフ大分下郡店

新書

 武井勲著『不祥事はなぜ繰り返されるのか』(扶桑社)

コミック

 大和田秀樹著『機動戦士ガンダムさん みっつめの巻』(角川書店)

ムック

 [歴史群像]太平洋戦史シリーズVol.63『徹底比較 日米潜水艦』(学研)

雑誌

 『昭和の「鉄道模型」をつくる(22)』(講談社)

以上、TSUTAYA岡富店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

『人格転移の殺人』読了

 西澤保彦著『人格転移の殺人』を読み終えた。

 アメリカのS市に宇宙人が残した(と思われる)装置があった。その中にはいると人格が入れ替わってしまうという装置だ。政府が調査するが、原理や制御方法などが見つからず、封印されてしまう。その入り口には、ハンバーガーショップが出来る。ショップ内に入り口が残ったままだ。この店は流行ってなかったが、たまたま、6人の客がバラバラに入ってきた。それぞれ初対面だ。そんな中、大地震が発生。店内の人々は、装置の中に逃げ込む。店員を含めて7人が助かるところが、一人は地震でつぶれた店の下敷きになって死んでいた。そして、6人の人格は入れ替わっていた。そして、起こる殺人。その真相は?

 そんな話だ。読んでいる途中で、地震で死んだはずの人が生きていて、殺人を犯しているのではないかと思った。その上、メンバーの中にいる女性の身体をいただこうとしているのもわかった。でも、理由はかなり違っていたが・・・・・・。かなり荒唐無稽な話をうまく仕上げているとは思ったが、謎解きを期待して読むと、いまいちかもしれない。SFとしてはおもしろいと思う。

 次は、牛島信著『逆転 リベンジ』だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)