特撮

2023年7月23日 (日)

ゴジラ(1984年作)について

 ゴジラ映画の第16作目。1984(昭和59)年12月15日公開の作品である。
 昭和最後のゴジラ映画で、平成の「vsシリーズ」につながっていく位置づけである。
 前作『メカゴジラの逆襲』(1975年)から9年を経て制作されたものである。
 この作品のキャッチコピーには「30年間の沈黙を破って全世界待望の「ゴジラ」最新作!」となっており、これまでの『ゴジラの逆襲』から『メカゴジラの逆襲』までの14作品がなかった設定で、1954(昭和29)年の最初の『ゴジラ』の次の話ということになっている。この後、これまでの流れをリセットして、『ゴジラ』の次から始めるというフォーマットを発明した作品ともいえる。その『ゴジラ』すらない世界の話が『シン・ゴジラ』で、今度の『ゴジラ-1.0』が『ゴジラ』の前日譚という形になっている。これまでのゴジラ映画に縛られないという、ある意味のハードルを下げてしまった作品ともいえるのではないか。

 ゴジラ映画としては、昭和のフォーマットを守っている部分もある。それは、音楽である。この作品の音楽を担当されたのは、小六禮次郎さんだが、全編、小六サウンドで覆われている。伊福部さんのゴジラサウンドを所々で使用するというようなことはしていない。確かに『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』では、新たな楽曲はなく、全編、伊福部さんの既存曲を使用してはいるが、選曲担当の所さんの手腕により、違和感なく見ることができる。次回作の『ゴジラvsビオランテ』以降、ゴジラが登場するシーンなどで伊福部さんの音楽が使用されるが、他の音楽と録音条件が異なるためか、音楽の響きが異なるため、違和感を感じる。同じ使うにしても、海外制作のゴジラ映画や、『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』のように、伊福部さんの曲を音楽担当の作曲家が編曲し、他の曲と同時に録音したものを使えば、違和感なく見られるのにとも思う。
 だから、『シン・ゴジラ』を見た時にもがっかりしたものだ。自動運転の電車がゴジラに突っ込んでいくシーンに「宇宙大戦争マーチ」が流れた時には、映画を見ているというより、何か別のものを見せられているように感じた。ゴジラの形態が変わるたびに、伊福部さんのゴジラに付けられた曲が流れた。それが公開された作品の順番に並んでいたので、ゴジラが進化しているといことを暗示したかったのかもしれないが、うまくいっているとは思えなかった。サントラのCDには、音楽担当の鷺巣さんのコメントがあり、新録音も行ったが、原曲を使うことにしたのだということだった。確かに、「宇宙大戦争マーチ」なんかは、いろいろな形で、新たに録音されているが、聞き比べてみると、最初の演奏が一番かっこいいと思う。映画を制作した時代の熱量というか、初めて音楽をつける映像を見て演奏した人たちのパワーというようなものを感じる。だからといって、別の映画で使用するとなると、バランスがおかしくなってしまうと感じる。
 そういう意味では、『84ゴジラ』は、全体的な調和がとれていると思う。

 一旦ここまでとしたい。内容の感想は、次の機会に。

| | コメント (0)

2023年7月17日 (月)

勝手に妄想『ゴジラ(1954年作)』の裏設定

 今年の11月3日に公開が予定されている『ゴジラ -1.0』が話題になっている。第1作(1954年)よりも前の年代が設定となっているらしい。
 どういう展開になるか注目されている。

 そこで『ゴジラ(1954年作)』の裏設定を勝手に考えてみたい。
 『ゴジラ』では、ゴジラの迎撃にあたって、在日米軍がどうのこうのというようなことは描かれていない。しかし、国会で山根博士がゴジラが核実験の影響で放射能を帯びていることを報告するシーンでは、大山代議士がそのことを公表すべきではないと意見表明している。理由は「ダダでさえうるさい国際問題がいったいどうなるか」ということだった。これは、当時核実験を行っていたアメリカなどの国を意識しての発言と思われるので、アメリカを意識していなかったということはないのであろう。『ゴジラ』が公開された1954年は、サンフランシスコ講和条約締結、最初の日米安保条約が締結されて3年、そして自衛隊が発足した年である。在日米軍が存在しており、自衛隊はフリーで行動できたとは考えにくいが、そういったことは全く描かれていない。外国からの調査団が到着するシーンは描かれているにもかかわらずだ。
 映画を製作していた人たちは、当然、戦争を経験した人ばかりである。監督の本多猪四郎さんは、召集により中国戦線に陸軍軍人として出征している。この時代の人たちにとって、自分たちの国は、自分たちで守るものであって、アメリカ軍に守ってもらうものという発想はなかったのではないかと思う。だから、ゴジラが上陸するにあたって、それを防ぐのは日本人の手で行うことであり、アメリカにお伺いとか、助けてもらうとか、そういう問題ではないという考えであったのではないかと思う。
 しかし、現実はGHQによる占領が終了した後も、安保条約により米軍が日本国内に存在しているのである。それを描かないのは、リアルではないという批判を受けかねないのはなかったか。
 で、私が考えた裏設定というのを述べていきたい。
 日本は、原爆を投下され、戦争には敗けたが、陸海軍は解体されなかった。文民統制は導入されるものの、兵器の開発、国産に関する権限は制約され、アメリカから輸入しないといけない状況というもの。
 登場する兵器類がアメリカ製だということ、ゴジラ撃退のために兵器を使用することに迷いがないことの説明がつくのではないか。
 のちに怪獣大戦争マーチに発展する「ドレミファミソレソドレミファミミレ」のマーチと、ゴジラのテーマとして有名な「ドシラドシラドシラソラシドシラ」がどちらもゴジラを迎え撃つシーンに流れる曲だが、前者が海のシーンに流れるのに対して、後者が陸上のシーンに使われている。前者が海軍のテーマ、後者が陸軍のテーマとして考えるとしっくりくる。隅田川から東京湾にゴジラが去っていく際に、F86セイバーで攻撃するシーンは、空軍ではないかと思われるかもしれないが、帝都の防空は陸軍航空隊の担当であったことを考慮すると、完全に使い分けられているといえるのではないだろうか。
 ゴジラによって破壊された東京の街を映すシーンに流れるBGMが「帝都の惨状」というタイトルがあてられていることも、この妄想が当たらずとも遠からずということではないだろうか。

 次の『ゴジラ-1.0』で上記の要素が入っていたりすれば、妄想ではなくなるかもしれない。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

第二回伊福部昭音楽祭 その2 川北監督

 映画『大坂城物語』には、平成ゴジラvsシリーズの特技監督をされた川北紘一さんもお見えになっていた。私は、ロビーの横のカフェで昼食を摂っていたが、ロビーに川北監督がいらっしゃったので、思わず声をかけて、写真を撮らせていただいた。

Pict3661  「こんな年寄り撮っても仕方がない」と言いながらも、笑顔で応えていただき。うれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回伊福部昭音楽祭 その1『大坂城物語』

 ついに『第二回伊福部昭音楽祭』が始まった。Pict3660

 最初は映画『大坂城物語』の上映だ。11時上映開始の予定だった(チケットに書いていた)が、1時間勘違いして早く着いてしまった。でも、結果的にはこれが良かった。定員は190名、入りきれない人がいたからだ。観客もバラエティーに富んでいた。親子連れもいたし、若いカップルもいたし、年輩の方もいた。男性の方が圧倒的に多くはあったが、改めて、伊福部さんは幅広い層に支持されているんだなぁと、感心したしだいだ。

 『大坂城物語』は、監督=稲垣浩、主演=三船敏郎、特技監督=円谷英二、製作=田中友幸、音楽はもちろん伊福部さんだ。私は初見だった。音楽はサントラで聴いてはいたが・・・・・・。ホールの設備の関係でフィルム上映ではなく、DVDをプロジェクターでの上映だった。でも、充分楽しめた。スクリーンめいっぱい大きくして欲しかったが、いいだろう。映画そのものもおもしろかった。舞台は、大坂夏の陣直前だ。豊臣家存続をはかる人々のお話。アクションシーンも豊富だ。大坂城は、かなり巨大なミニチュアである。なかでも、クライマックスの馬車での突撃シーンは凄かった。スピード感とそれを盛り上げる音楽、三船さんの演技も凄かった。まさに、映画の黄金時代の娯楽巨編だ。

 メインコンサートの前に、このように映画を楽しめるのはいい企画だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

『マタンゴ 最後の逆襲』読了

書名:『マタンゴ 最後の逆襲』

読んだ日:08年01月26~01月30日

私の採点:★★★★★

著者:吉村 達也

値段:857円+税

出版社:角川書店(角川ホラー文庫)

出版日:08年01月25日

購入日:08年01月26日

きっかけ:マタンゴを取り上げた作品だったので

購入場所:TSUTAYA岡富店

読了した場所:自宅

あらすじ:富士山麓の樹海の奥深く、大型ヨットが浮かび、亡霊がさまよっている-その「都市伝説」を確かめようと訪れた五人の男子学生と二人の女子高生を包み込む極彩色の胞子の霧。そして現れたキノコの怪物!

 十年後-悪夢を忘れ、女優、作家、キャスター、刑事、実業家、細菌学者、宇宙飛行士として活躍する彼らのうち、四人の身体に異変が。十年の潜伏期間を経て、肉体がキノコに変身しはじめたのだ!その裏には国際バイオテロ計画が。伝説のマタンゴが、半世紀ぶりに蘇る!

感想:一度発売が延期になっていた作品だけに、「待ちに待った」というべき作品だった。東宝の怪奇特撮映画『マタンゴ』の50年後の世界を描いたものだ。『マタンゴ』のストーリーを反映し、その世界観をうまく受け継いだ、正当な続編と言っていい作品だ。文庫583ページの大作であり、力作だ。話の展開も、息もつかせぬという感じで、先が気になってどんどん読み進んでいく。アッという間に読んでしまった。

 吉村さんの作品を読むのは初めて。ストックには他の作品もあるのだがまだ読んでいない。これから、読んでいきたいと、思っている。

 『マタンゴ』の続編の映画ができるという話が数年前あったようだが、実現せずじまいだった。この作品をぜひ映画化してもらいたいと思う。それほど、エンターテイメント性もあるのだ。

 でも、難しいのは音楽だろうな・・・・・・。それと、七人を誰にするかだなぁ。

次の作品:『相棒 season1』だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

奇跡か?シークレットが二つ!

 今日、買い物に行ったら、お菓子売場にバンダイの食玩『ウルトラパノラマファイト ラウンド2』が売っていた。ノーマルバージョンが5種類なので、いわゆる「箱買い」をすると、6つ購入することになるので、だいたい全部そろう。手前のだと、誰かが入れ替えているといけないのでと思い、後ろの方にあるのを出してきて購入。

 家に帰ると、それを見た子供が大喜び。早速開けると言い出す。

 まず出てきたのが、「ニセ・ウルトラマンvsロボット超人にせウルトラセブンvs超人ロボットエースロボット」だった。3人の偽物に子供は興奮!すぐに次を開けろと言う。

 次は「宇宙恐竜ゼットンvs戦車怪獣恐竜戦車」だった。

 その次は「誘拐怪人ケムール人vs三面怪人ダダ」だった。これらの二つには、あまり興奮せず、最初の偽物対決に神経が行っている。

 そして次を開けると「透明怪獣ネロンガvs宇宙怪獣エレキング」だった。子供は「メロンガ」と言ってよろこんでいた。けれど、何かが違う。箱に載っている写真と違うのだ。なんとネロンガが透明なのだ。おお、これこそシークレットだ!そうすると、残った二つのうち、一つがこの「ネロンガ」の彩色バージョン(ノーマル)なら、ダブりがなくて効率がいいなと期待を抱いた。

 次に開けたのは「高原竜ヒドラvsロボット怪獣クレージーゴン」だった。これは、ノーマルバージョンなので、特に驚きもなく次へ。

 開けると出てきたのは、ウルトラセブンとイカルス星人。なんじゃ?パノラマファイトでも何でもないやんか。どういうこと?妻が指摘して、箱をよく見ると、なんと「全7種うちシークレット2種」と書いてある。ということはこれもシークレットか?よく見ると「ウルトラセブンvsイカルス」と書いてある。不細工なイカルス星人は、ウルトラファイトバージョンだったのだ。

 なんとなんと、ひと「箱買い」で、シークレットが2つも入っているなんて・・・・。こんなこともあるんだな。驚いた。そして、なんてラッキーなんだ。

 あと、気がかりは、どうやってノーマル「透明怪獣ネロンガvs宇宙怪獣エレキング」を手に入れるかだな。でも、贅沢を言ったらきりがないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

「@nifty投票」を使ってみることにした

 「@nifty投票」を使ってみることにした。

 試しに作ったのは、以下の投票。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

村上冬樹さん逝く

 俳優の村上冬樹さんがなくなったそうだ。今日の朝刊で知った。

 村上さんは、東宝特撮映画にも多く出演されており、印象にも残っている。

 特に多かったのが博士役である。1954年の『ゴジラ』では、物理学者の田辺博士役で登場した。台詞はほとんどないが、志村喬さんが演じる山根博士に何度か名前を呼ばれているし、ゴジラが放射能の影響を受けていることの証明となる物質の検出を行なっている。ゴジラが猛威を振るった後の都内の避難所で、子供にガイガーカウンターを当て放射能が検出された結果を見て首を横に振るシーンが印象深い。また、ラストの山根博士の台詞をその後ろで聞き、最後に立ち上がってフレームアウトするシーンでも存在感を出している。

 この後も、『空の大怪獣ラドン』や『地球防衛軍』、『大怪獣バラン』で博士役を演じている。ただ、どの役も主役級の博士役ではなく、二人目、三人目の博士役だ。『ラドン』では平田昭彦さん、『地球防衛軍』では志村喬さん、『バラン』では千田是也さんが、最も重要な博士役になる。どれも『ゴジラ』の時ほどは目立たない役どころだ。

 おもしろいのが『電送人間』と『ガス人間第一号』の役の逆転である。『電送人間』では良識派で登場し、電送人間の実態解明に一役買っている。逆に『ガス人間第一号』では、マッドサイエンティストとしてガス人間を生み出す博士を演じている。

 後の『宇宙大怪獣ドゴラ』の宗方博士、『フランケンシュタイン対地底怪獣』の須賀博士、『フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ』の喜田博士を演じているのは、中村伸郎さんだが、宗方博士は別として、須賀、喜田両博士は、村上さんが演じているような博士と同様な役どころである。村上さんが演じてもよかったのかもしれない。

 村上さんの博士は柔らかい物言いなので、断言口調の中村さんとは少し印象が違う。他に出てくる博士役の人たちとのバランスも合ったんだろうな。

 いずれにしても、1954年の『ゴジラ』に関係していた人がまた亡くなったわけだ。それだけ時間が経っているという事かも知れないが、残念なことだ。御冥福をお祈りしたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

小田基義監督ってもしかして

 ある疑問が浮かんだので、「小田基義」監督についてネットで調べてみたがよくわからない。

 小田監督は、昭和29年公開の『透明人間』、昭和30年公開の『ゴジラの逆襲』でメガホンをとっている。これだけ見ると「ああ、そうなんだ」ぐらいだが、昭和29年公開の『ゴジラ』、昭和30年公開の『獣人雪男』でメガホンをとっているのが、その後多くの東宝特撮映画の監督を務めている本多猪四郎監督だ。昭和28年公開の戦記映画『太平洋の鷲』の監督が本多さん、応援監督が小田さんだ。

 『太平洋の鷲』は、連合艦隊司令長官山本五十六を主人公に三国同盟の締結あたりから山本五十六の死までを描いた作品だ。東宝にとって戦後初めての戦争映画であり、本格的な特撮を使った戦後初めての映画でもある。白黒スタンダードということで、戦時中の記録映像や『ハワイマレー沖海戦』の映像の流用もある。本多さんの撮る「本編」と円谷さんの撮る「特撮」に分かれるので、映画全体の把握のためにピクトリアル・スケッチ(絵コンテ)が初めて導入された。これは、以降の『ゴジラ』などの特撮映画で使われている。この映画は、『ゴジラ』へと繋がる布石のような作品と位置づけられている。

 で、『ゴジラ』になるわけだが、本当はインドネシアとの合作映画が流れてしまった穴を埋めるために制作が決まる。田中友幸プロデューサーや円谷さんは、『ゴジラ』的なプロットは持っていたようなので、この事件がなくても『ゴジラ』は制作されていただろうが、いずれにせよ、合作流れが推進力になったのは間違いない。その監督に選ばれたのが本多さんだ。『ゴジラ』は成功を収め、続編が決定される。

 その裏(時期的には後かな?)で、『透明人間』が小田さんによって制作される。『ゴジラ』が昭和29年11月3日公開、『透明人間』が昭和29年12月29日公開。円谷さんは『ゴジラ』では特殊技術(後の特技監督と同じ立場)、『透明人間』では特技指導&撮影で参画している。

 『ゴジラの逆襲』は、昭和30年4月24日公開、『獣人雪男』は昭和30年8月14日公開。特撮映画のジャンルとしてみると昭和29年と昭和30年は、本多さんと小田さんは入れ替わった感じだ。

 そして、次の本格的な特撮映画が昭和31年12月26日公開の『空の大怪獣ラドン』である。監督は本多さん。

 『獣人雪男』から『ラドン』の間に、本多さん監督の作品が3本、小田さん監督の作品が10本(東京映画5本、連合映画2本、東宝3本)公開されている。

 この4作品は、特殊撮影をメインにおいた映画のテストケースではなかったのかと思う。田中さんは、特撮映画がひとつの大きな柱になると確信していたのではないか。『ゴジラ』はそれを証明したのだ。だが、問題は本編をとる監督ではなかったか。東宝では、『ハワイマレー沖海戦』という、特撮映画の前例があり、本編パートと特撮パートを分離して撮影するというのが基本路線だった。円谷英二という最高の作家を生かすには、最適のパートナーを探す必要があった。その候補だったのが、『太平洋の鷲』で円谷さんと一緒に仕事をした本多さんと小田さんだったのではないか。監督を務めた本多さんが第一候補、応援監督の小田さんが第二候補だったのではないか。そして、『ゴジラ』から『獣人雪男』までの4作品で絞込みを行なったのだろう。円谷さんの意見も入っていただろうし、相性や作品への取り組み方なんかもあったと思う。一人で全部やってしまうのではなく、2ヘッドでやるのだから人選は大変だったと思う。

 それで、本多さんが選ばれ、小田さんが落選したのではないか。本多さんは後に円谷さんに円谷プロに役員での招へいをされているくらいだから、相性はよかったのだろう。

 小田さんと円谷さんの関係を示す資料はほとんどないし、田中さんの腹の内はわからない。ネットでの調査にも引っかからず。小田さんでヒットするのは『ゴジラの逆襲』と『透明人間』ばかりなんだけど、ほとんどDVDの紹介ばっかりだ。でも、まあ、『空の大怪獣ラドン』以降の東宝特撮を支えたのは間違いなく本多さんだという事実がそれを物語っているのかなあ。小田さんの特撮は2本しかないもんな。でも、昭和33年までしか映画を撮っていないというのもあるけど。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

やっぱりすごいよなぁ

 『ゴジラVSキングギドラ』について思ったことを・・・・・・。

 『メカゴジラの逆襲』以来のゴジラ映画の音楽担当である。クレジットも「音楽監督」となった。東宝60周年映画であり、キングギドラの復活ということで、なんかお祭り気分である。

 キングギドラの登場は、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』以来である。出演映画は、『三大怪獣地球最大の決戦』『怪獣大戦争』『怪獣総進撃』を含め、4本目だ。すべて、伊福部さんが音楽をつけている。『~ガイガン』は、以前のライブラリーからの使用なので、音楽を付けたわけではないが、それを差し引いても、伊福部さんあってのキングギドラだったわけだ。キングギドラの出演映画は、複数の地球怪獣が出て、キングギドラと戦うという構図(『~ガイガン』だけはタッグマッチ形式、新怪獣ガイガンがメインなので仕方が無い)で、怪獣についている音楽が同じモチーフが基本的に使われている。

 また、『~ガイガン』は特殊な事情なので省くが、伊福部さんにとって初めての本多監督以外のゴジラ映画である。そういう意味では、ちょっとした行き違いもあったようだ。

 キングギドラと自衛隊の戦闘機との空中戦のシーンだ。最初は、特撮シーンのみの構成だったのを、音楽が決まってから、自衛隊の空撮ライブラリーを大森監督が挿入したらしい。それを見た伊福部さんが「僕のつくったのはキングギドラのテーマであって、自衛隊の音楽じゃない。こんなに自衛隊のアップが入るんだったら、自衛隊向けにマーチをつくらなきゃいけない。明日までにできない。」と言ったそうだ。それで、急遽、音楽を差し替えた。『空の大怪獣ラドン』の「ラドン追撃せよ」を使った。曲は、CD『オスティナート』にも収録されている数年前に新規録音されているものを使用した(はず、聞いた感じはそうだ)。それを見て伊福部さんは「アッだめだ、だめだ」といったらしい。大森監督は、ずっとよくなって絵の迫力は出てきたと思って、一番気に入っているとインタビューで答えている。確かにこの場面だけ見るといいのかもしれないが、映画全体の中で見ると伊福部さんの言うのがわかる。録音を一緒にやっていないので、編成が違うので、音色が違うのだ。ものすごく軽く感じる。空気が違うといったらいいのか。ライブラリー部分の映像も画質が随分違うので、気になりだすとホントに気になって仕方ないシーンだ。

 で、なりよりすごいのは、北海道の決戦シーンだ。ゴジラの登場シーン以外は、キングギドラのモチーフだ。有利不利をテンポで表現している。ゴジラが有利になり、キングギドラが負けるシーンでは、通常でもスローなテンポを一層落としている。この落とし具合が絶妙なのだ。その前までのキングギドラ有利シーンに流れていた音楽に対してすごく、違和感があるのだ。違和感が出る程度にテンポを落とす。これがすごい。

 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』でも、自衛隊が独断で発砲を開始し、統制が取れなくなったシーンで、通常のマーチより遅いテンポの曲を流して、その攻撃が散漫になっていることをよく表現している。ガイラに対する攻撃は結局失敗。

 これらのシーンは、ゴジラのモチーフやガイラのモチーフでも映画としては成立しそうなのだが、でも、メインは「有利なゴジラ」ではなく「不利な、負けるキングギドラ」、「自衛隊と戦うガイラ」ではなく「一時統制の取れなくなった自衛隊」だということを明確したい、表現者の意志がよく出ていると思う。それがすごいんだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)