2009年4月 1日 (水)

3月の読書状況

読んだ本 7冊

買った本 6冊

3月は、『日米機動部隊最後の戦い 空母瑞鶴』につきる。分量も多かったが、読むのに時間がかかった。というのも、「日米機動部隊最後の戦い」というサブタイトルに注意を払うべきだったと言えばそれまでなのだが、この物語は「捷一号作戦」の話だったのだ。「空母瑞鶴」に注目した私は、真珠湾攻撃からレイテ海戦までの「瑞鶴の一生」のような展開を期待していたのだが、それが完全に外れていたのに気落ちした部分もあり、進みが遅かった。

私自身は「珊瑚海海戦」が太平洋戦争での大きなポイントとなったと考えているので、その辺が詳しく書いていると思い込んで読み始めただけに、ショックが大きかった。もっと確認すべきと反省した。

阪神の前監督、岡田さんの『頑固力』を読んだが、なかなかよかった。プロ野球の監督経験者や元選手が書いている書籍を何冊か読んだが、その中では一番よかった。いい監督だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

今日、購入の書籍

文庫

 吉村達也著『ケータイ紛失!』(角川春樹事務所)

新書

 野村克也著『あぁ、阪神タイガース-負ける理由、勝つ理由』(角川書店)

雑誌

 『鉄道 DATA FILE(207)』(DeAGOSTINI)

以上、くまざわ書店延岡店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

やっと

 今日はやっと阪神が勝って、連敗を脱出できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)