« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »

2013年3月17日 (日)

第8回西都原このはなマラソン大会出場

第8回西都原このはなマラソン大会に出場した。今シーズン5回目の大会だ。今回も10kmで出場した。
スタートは、西都原運動公園。陸上競技場の外側だ。天候は晴れ。去年の雨がウソのよう。ただ、気温が高目が気がかりだ。10kmの部は、1000人以上の参加があったということで、自己申告タイムごとにスタート位置にたった。
最初の1㎞は、たくさんの人に混ざって抜いたり抜かれたり。ほぼフラット。手元のLAPで4分07秒。結構いい感じだ。ただ、上りがこれからあるので、気を付けないと。
次の1kmは、半分が上り。1km過ぎると、自分の周りを走っているメンバーが固まってきた感があった。少し前を走っているおじさんが、私と同じランニングシューズだったので、勝手に、この日と目標と決めた。道を左に曲がってから始まる上りがやはりきつい。結構急な上りだった。去年も5kmで走ったけど、こんなにきつかったかな。手元LAPは、4分15秒。上りが入ってこのタイムなら、いいんじゃないか。でも、無理したかもという不安もある。上りは続くし。
まだ上りが続く。5kmの折り返し地点が見えてきた。去年はここで折り返したんだけど、今日はここを直進。去年は向こう側は、かなり上っているように見えてたんだけど、すぐ下りが始まっているのが見えた。少し前を走っている女性ランナーは、健脚できつい上りが続いているのに遅れてこない。下りが始まると、それを利用して、一気に抜いていった。ここで、結構順位が変わったように思う。手元LAPは、4分05秒。なかなかい感じだ。
次の1kmは、考古博物館を右手に見ながら進んでいく。大きく右に曲がると下り坂が終わり、フラット(走っているときはそう感じたが、実際は緩やかな下りだった。それを復路で知ることになる)。手元LAPは4分ちょうど。これはいい感じ(と、思っていたが、下りの分いれると、もう少しいいタイムであるべきだった)。
半分の5kmに向けての1km。先頭とは、もうすれちがった。大学の陸上部員のようだ。やはり速い。折り返し地点に来る。折り返すと緩やかな上り。えっ?今まで下ってきてたの?と少し動揺してしまった。折り返してすぐに5km地点かと思ったけど、なかなか5km地点に到達しない。ようやく5kmを通過。手元LAPは3分55秒。ここまでで、20分24秒。かなりいいペース。いい感じだ。このまま行ければ、40分台も夢じゃない。
6kmに向けては、緩やかに上っていく。のぼりが段々きつくなってきて、給水所が見えてきた。今日は暖かいので、給水しとかないといけない。給水所がちょうど6km地点。手元LAPは、4分26秒。上っている分があるとは言え、少し時間がかかったかな?
次の1kmは、、上りが続く。給水の水は、少し口に含み、頭からかけて、足にもかけた。明らかにペースが落ちている。 何人かに抜かれもした。手元LAPは、4分21秒。上りが続いていたので、前の1kmよりは速くなるように思っていたので、思ったとおりにはなったのだが、4分10秒台なら元気も出たが、20秒ということで、やっぱり落ちてるなあという感じだった。
8kmに向けては、下りを利用してスピードアップ。の、つもりだったが、手元LAPは、4分04秒。足が上がっていないのだろう。下り利用もうまく生かせず。
残り2km、9km(残り1km)地点の看板が見つからず、ちょっと動揺。道はほとんどフラットなんだけど、競技場に戻ってからが、思ったよりも長い。しんどかった。手元LAPは、2km合わせて、8分23秒。1kmの平均が4分12秒だから、ラストスパートもできていない感じだ。
公式タイムは、42分42秒だった。目標の42分切りは達成できなかった。上り下りが増えたとはいえ、「第45回都農尾鈴マラソン大会」よりも30秒以上タイムダウンだった。でも、去年の5kmのタイムが、26分55秒だったので、この1年で、随分成長した。
40歳台の部門で20位(121人中)だった。
次はがんばりたいが、今日より坂がきつい大会なので、記録更新は無理やろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年3月24日 - 2013年3月30日 »