« 「ハイパーサルーンありあけ」購入 | トップページ | 『日本以外全部沈没』を見た »

2007年5月 8日 (火)

『孤独な交響曲』読了

 日本推理作家協会編『孤独な交響曲(シンフォニー)』を読み終わった。

 ミステリーのアンソロジーだ。収録作品は、以下の通り。

 『欠けた古茶碗』逢坂剛/『第四の殺意』横山秀夫/『ヒーラー』篠田節子/『死神の精度』伊坂幸太郎/『思い出した』畠中恵/『偶然』折原一/『転居先不明』歌野晶午/『時うどん』田中啓文/『胡鬼板心中』小川勝己/『とむらい鉄道』小貫風樹

 講談社文庫から出ているこのシリーズは、本書で50冊目だ。他のも書店で手に取ったことはあったが、購入するまでには至らなかった。私のミステリー歴が浅いせいもあって、読んだことのない作家ばかりだと、どれくらいおもしろいかが判らず、尻込みしてしまっていた。でも、本書は、折原一さんと横山秀夫さんという、私がはまっている作家の作品が収録されているし、既に、読んだことがある歌野晶午さんの作品も入っているので、「これなら」ということで、購入してみることにした。

 10作品も収録されているので、すべてについては書かないが、折原さん、横山さん、歌野さんは、いつも通りの読み応えのある作品になっている。他におもしろかったのは、『欠けた古茶碗』と『ヒーラー』『時うどん』『とむらい鉄道』だ。まあ、どれも、いい作品だったのは間違いない。

 でも、10作品ともなると、読み終わったときには、最初の方の作品の記憶が薄れてしまうのは、歳のせいだろうか?

 次は、橋本真由美著『お母さん社長が行く!』だ。

|

« 「ハイパーサルーンありあけ」購入 | トップページ | 『日本以外全部沈没』を見た »

コメント

トラックバックありがとうございます!
「第四の殺意」とか「死神の精度」は
気になっていて、読みたい!とは
思うのですが、購入するかどうかは
悩む所だなぁって思いました。
やっぱりそれぞれの作家で纏まるのを
待った方がって。。。でも読みたい!(笑)

投稿: ipsedixer | 2007年5月11日 (金) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205034/15000452

この記事へのトラックバック一覧です: 『孤独な交響曲』読了:

« 「ハイパーサルーンありあけ」購入 | トップページ | 『日本以外全部沈没』を見た »