« 疲れた | トップページ | 『宴の果て死は独裁者に』読了 »

2007年4月21日 (土)

『ハードボイルド・エッグ』読了

 荻原浩著『ハードボイルド・エッグ』を読み終えた。

 マーロウにあこがれる私立探偵が主人公の作品だ。行方不明のペットを探すぐらいの仕事の依頼しかこない探偵が、殺人事件に巻き込まれていくという話。マーロウの出てくる作品を読んだことがないので、その独特の表現を厳密には知らないが、探偵もののアドヴェンチャーゲームによく出てくる表現はおそらくそれを意識したものが多いだろうから、うまく作品の中に取り込んでいると思う。ただ、それだけではなく、笑わしてくれるのだ。ちょっと抜けているという感じが、荻原テースト全開という感じでいい。何度吹き出したことか。

 先日放送していたテレビドラマ『相棒』で高橋克実が演じていた私立探偵は、これをパクッたんじゃないか?と思えるほどだ。

 おバカじゃない話でこれだけ笑わせてくれる作家はなかなかいないと思う。硬派な話を読むことが多い中で、荻原さんの作品だけは別格で、はまっちゃってるんだよな。

 次は、佐飛通俊著『宴の果て死は独裁者に』だ。

|

« 疲れた | トップページ | 『宴の果て死は独裁者に』読了 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハードボイルド・エッグ』読了:

« 疲れた | トップページ | 『宴の果て死は独裁者に』読了 »